開いていた画面が、画面上の何処を探しても見当たらない時

Windows10で何らかの作業をしている時、作業していた画面が、画面上の何処にも見当たらなくなる時ってありませんか?自分の場合Surfaceで作業しているのですが、Choromeの開発者ツールを立ち上げている時に、急に画面がどこかに行ってしまう時があります。高解像度対応のノートPCを利用していて、サブディスプレイが高解像度対応のものでないと、発現すると思います。

画面はどうなってしまったのか

この現象は、画面がどっかに行ってしまったわけではなく、どういう理由かは分かりませんが、画面が画面外に行ってしまった状態なので、画面外の画面をつかんで画面上へ戻すという手順を行えば元に戻ります。

どこかへ行った画面の戻し方

Windows10の場合は、タスクバーの対象アプリの上の方にマウスカーソルを当てます。 すると、上記のような状態になりますので、表示された小さい画面上にマウスカーソルを当てて、右クリックします。 移動(M)を選択した後で、キーボードの矢印キーのいずれかの方向をクリックした後、Windowがカーソルに引っ付いた状態になるので、マウス適当に動かしながら、画面にWindowを戻せば元通りになります。再起動しても直るような気がしますが、再起動が面倒くさい場合、使ってみてください。
料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事