フォトショップを使ってみました

  1. さいしょに
  2. 下絵からIllustratorへ
  3. Photoshopから完成に

さいしょに

どうも!開発1GのMです!! 趣味はモデリングです 今回Twitterのアイコンを作成する依頼があったのですが ペンタブがない、といった事態になり イラストレーターとフォトショップを使用して 何とかイラストを制作しました。



下絵としてアナログで書いた絵を使用し フォトショップ等でベタ塗りから軽く影を付けるところまで行いました フォトショップの操作方法を知らない状態でしたが、 曲線ツールと塗りつぶしで完成することができました。

下絵からIllustratorへ

下絵からフォトショップで線画を曲線ツールでなぞる際に 曲線ツールはなめらかな線しか作れないものだと思っていましたが モデリングをしている時の癖で曲線ツールの頂点を1か所に集めたら 綺麗に折れ曲がってくれました。 全く関係がないモデリングでの経験でしたが、 以外な所で役に立ちました。 残りはモデリングと同じ感覚で貼り絵をするように 曲線ツールで各パーツを作り塗りつぶしを行いました。

Photoshopから完成に

アウトラインを付けて影を軽く付け完成だと思っていましたが、 実際にやってみるとイラストレーターからフォトショップに移行させるだけでも パーツごとに保存させておきたいのにも関わらず画像として保存されていました。 画像で保存されていたため上手く塗りが出来ず イラストレーターのパスをフォトショップにそのまま持っていくのが難しそうでしたが レイヤーを選択してサブレイヤーに分配をし、PSD形式で保存するだけでできました これが中々見つけられず時間がかかりましたが分かってからはすぐに終わりました。

あとはアウトラインを付けるだけでした レイヤー効果から境界線のチェックを入れるだけだったのですが、 アウトラインと境界線の名称が違ったため少し時間がかかりました。 始めは分からない機能ばかりでしたが、 調べていくことで使い方を少しづつ覚え何とか出来上がりました。

料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事