LaravelプロジェクトをHerokuにデプロイする方法(1)

まずは、Mac上でLaravelプロジェクトを作成するのに必要なbrewやPHP、composerの設定方法を紹介したいと思います。

brewやPHP、composerの設定

私のMacには既にbrewやPHP、composerがインストールされている状態なので、それぞれアップグレードします。
最初に、現在のPHPをアンインストールして、brewとPHPをアップデートします。

・インストールPHP確認

$ brew list | grep php

・古いPHPのアンインストール

$ brew uninstall --force php@7.1
$ brew untap homebrew/php

・brewの更新

$ brew update
$ brew upgrade

・新しいPHPのインストール

$ brew install php@7.3

ターミナルを再起動し、「php -v」でPHPバージョンを確認します。

composerの更新

$ brew upgrade composer

上記のコマンドでエラーが出たので、エラーメッセージ内にあった下記のコマンドを実行

$ /usr/local/bin/composer self-update

Heroku CLIセットアップとLaravelプロジェクトの作成、Herokuへのデプロイ

まず、Heroku CLIの設定について紹介します。Herokuには既に登録済みとします。

・Heroku CLIのインストール

$ brew tap heroku/brew && brew install heroku

・Heroku CLIのアップグレード

$ brew upgrade heroku

Laravelプロジェクトの作成

$ composer create-project laravel/laravel --prefer-dist laravel_heroku

・カレントディレクトリを変更して、gitを設定

$ cd laravel_heroku
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "new laravel project"

・Procfileの作成

$ echo "web: vendor/bin/heroku-php-apache2 public/" > Procfile
$ git add .
$ git commit -m "Procfile for Heroku"

・Herokuアプリケーションの作成

$ heroku create

上記のコマンドでランダムな名前でHerokuアプリケーションが作成されます

・暗号化キーの設定

$ php artisan key:generate --show
$ heroku config:set APP_KEY=上のコマンドで作成したキー

・Herokuへデプロイ

$ git push heroku master

heroku openコマンドでHeroku上のLaravelプロジェクトを確認することができます。

次はHerokuでのMySQLの設定と認証機能、Debugbarの導入について紹介したいと思います。

参考サイト

https://appdividend.com/2018/04/17/how-to-deploy-laravel-project-on-heroku/
https://devcenter.heroku.com/articles/getting-started-with-laravel
https://dev.to/connor11528/deploy-a-laravel-5-app-to-heroku
https://qiita.com/sutara79/items/a173b969474d9f5afe1b

料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事