ナレッジって重要だよねって話

こんにちは、年末年始にインフルになり遊ぶ予定が無駄になった開発2GのTです。
今回は、ナレッジについてお話していきたいと思います。

  1. 金持ち父さん貧乏父さんの話
  2. 他に応用できない?
  3. 時間を増やす資産

金持ち父さん貧乏父さんの話

みなさんは金持ち父さん貧乏父さんという本を読んだことがありますでしょうか? 有名な本なので読んだことがある方は多いと思います。 この本では資産のことをこう定義づけています。

資産=もっているだけであなたのポケットにお金を運んでくるもの。
負債=もっているだけであなたのポケットからお金を奪っていくもの。

なので、一般に資産と言われている土地や家などは持っているだけで税金がかかるため、金持ち父さんの定義では負債という扱いになります。 逆に、不動産、会社、株などもっているだけで収入になるものは資産にあたるわけです。あくまで金持ち父さんの定義ですが。

この持ってるだけでお金が増える「資産」をいっぱい増やしていけば、働かずともいずれお金持ちになれるよねというのが金持ち父さんの理論です。

さて、ここまで読んだ自分はこう思いました。 不動産とか株とか、ましてや会社なんて持ってねえ!!!! それどころか家すら持ってないよ・・・

他に応用できない?

とはいえ、自分が働かずとも成果を得るという発想は面白いため色々考えた結果、ナレッジなら簡単に作成できるかつ資産になりえるのではないかと思いました。 ナレッジは持っているだけではお金になることはありませんが、時間にはなるのではないでしょうか?

何が言いたいかと申しますと、例えば、新入社員が入ってきたとき新入社員の環境を構築することがありますよね その際に横に座って指示するか、ナレッジをポンと渡してわかんないとこあれば聞いてねというスタイルでやるかで時間のかかり方が全然違うと思われます。(まぁこのケースは手順書という名でよく用意されていると思いますが・・・・) 当たり前ですが後者のほうが圧倒的にかかる時間は少なくて済みますね。

時間を増やす資産

他にも会社内で使用しているグループウェアの種類と使用方法をまとめたナレッジであったり、業務で使用しているソフトのトラブルシュートをまとめたものなど 「ベテランに聞かなくても自分で解決できるようになるナレッジ」があればあるほどベテランの方々は自分の業務に割ける時間が増え、新人のほうもすんなりと業務に慣れることができ、結果業務の効率はぐんと上がるのではないかと考えました。 つまりナレッジという資産を持てば持つほど時間を増やすことができるのではないかという考え方です。

ナレッジや手順書の少ない職場の方々、こちらの記事を機にナレッジを作成してあげると入社し右も左もわからない新人が路頭に迷うことが少なると思います。

よかったらご一考ください。ありがとうございました。

料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事