Laravel 5.4 APIを利用時に、ajaxでサーバーへ送信されたJSONデータを配列で扱いたい

Laravel 5.4 でAPIを作成する方法を前回書きました。書いてる時点では、アレでイケると思ってたんですが、実際やってみたら、文字列のみ送られてきて、PHPで処理がし辛かったので、データをPOSTでもGETでもJSONを送信して、PHPでは配列として扱うというようなことが出来たので記録しておきます。
  1. jQueryからJSONデータをAPIにPOSTしたいよ
  2. LaravelのAPI側はどーなっておりますか

jQueryからJSONデータをAPIにPOSTしたいよ

パラメータをこうすれば良いです。 このように送るとPHPでもJSONだと認識してくれました。ポイントはヘッダ情報にJSONだと明記したことと、JSONデータに整形をしたことです。JSのデータオブジェクトとJSONって似てますよね。実は何にもやってないんじゃないのと思ったそこのあなた。 ということなんですね。なんでそんな疑問を持つと思ったかといえば、私自身がそう思ったからであります。

LaravelのAPI側はどーなっておりますか

API側は、storeメソッドを例にとって紹介したいと思います。 サーバー側は、$request->json()->all()を参照すると、PHPの配列でデータを扱うことができます。このjsonメソッドってなんなのかっていうのは、また時間がある時にやりたいと思います!

おわりに

12月というところで、皆さん忘年会シーズンではないでしょうか。テクノブレイブ開発1Gも今週金曜日に会社の近くで忘年会を行う予定です。飲み過ぎて、失くしてはいけないものを失くさないようにしてくださいね!
料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事