Laravelでselect文を実行する

Laravelにはクエリビルダーという、クエリを書きやすくする仕組みがついております。結構対応範囲が広いので、生でクエリを書く必要があんまりないというか、工夫すればやっぱ書かなくて良いのかも知れないのですが、Laravel利用しててやっぱクエリ書きたいって時はあります。皆さんありますよね!そうですよね!!ちなみに生クエリ生クエリと言ってますが、DBファサードを利用してSQL文を実行する方法を紹介しようと思ってます。

Laravelで直接SQLを実行したい

DBファサードのselectメソッドを利用することで、直接select文を書くことができます。DBファサードは、オートローダに登録しているのでuse(import)しなくても\DB::select();で呼び出すことができます。

クエリビルダーを利用しながら副問合わせをする

副問合わせとかやらないといけない場合、ずっと直接SQLを書いてたんですが、クエリビルダでもやれます。

おわりに

スニペット的な記事になってしまいましたが、複雑なクエリでも、割と柔軟にフレームワークの良さを活かしながら対応できそうな感じですね!Laravelで開発の予定があるけど、よくわからないとか、支援して欲しい!という企業様がもしいらっしゃいましたら、名駅南のテクノブレイブ名古屋オフィスまでご相談下さい。
料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事