3dソフトを触った時の印象

  1. 三面図の必要性
  2. 正面絵だけでも変わる
  3. 機能の把握
  4. 地道にこつこつと
  5. さいごに

三面図の必要性

開発1GのMです、 僕が初めて3dモデルを作った時の印象などを書いていこうと思います。 まず、モデリングを始める時に入門・初心者で検索すれば大体のサイトが下絵の用意をするように書いてますが 下絵の設定方法が分からなかったので、人の形になればいいんだろうという感覚で 人の形に押し込めていったところ見事なクリーチャーが出来上がりました。

正面絵だけでも変わる

明確なイメージがなく"人型"を目指していたのが原因だったので、 下絵を入れて試そうと思いましたが、三面も描くのは難しいので正面の1枚だけで 輪郭から作っていくと以前よりも遥かに楽に頂点を置くことができ 完成したものも人として見れるものが出来上がりました。 まだ、この時点では顔や手足がゴツゴツしていたりと微妙な出来栄えでした。

機能の把握

僕が使っていたモデリングソフトはblenderという無料で使えるソフトなのですが、 ショートカットや謎な機能が多数あり一つの機能を理解できるようになると、 今までとまるで違うソフトを触っているようになるくらいに変化しました。 最初に作っていた時はミラー機能で作成する部分が半分に出来るという事を知らず これを知った段階で他の機能も確認をしました。 細分割曲面という機能がありこれが丸く滑らかにしてくれるというものなのですが これを使うことで今までの時間の半分も使わないくらいには時間の短縮ができました、 他にも色々な機能がありますが最低ラインでもミラーと細分化曲面を使うだけでかなり楽ができます。

下の画像だけでもblenderの最初についてくる四角をミラーと細分化を使い端っこを小さくしただけです。 後はテクスチャを書いてあげればラグビーボールの完成です。

地道にこつこつと

メッシュを作り上げるだけで時間が掛かり、その後の法線やテクスチャなど いきなりは出来ませんでしたが一つ一つ終わらせていくことでそれぞれのやり方を覚えていき 処理の仕方や綺麗な面を張るようにしたり、新しいソフトでテクスチャの質を上げたりなど やれることを見つけれるのでとても面白いです。 今では3dモデルの作成を動画で丁寧に教えてくれるものも出ていて、 自分が知らなかった使い方を載せていてくれたりします。

さいごに

モデリング自体は最近始めたばかりです今まではソフトがわからない操作方法が分からないと、 やろうとしても最初の1歩も踏み出せませんでしたが、 誰かと一緒にやるようになってからは順調に覚えることができ作ることを楽しめました。

料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事