オブジェクトのUV展開

  1. UV展開について
  2. 画面の分割
  3. シーム設定
  4. ベイク

UV展開について

開発1GのMです 前回の続きの通り、オブジェクトのUVの展開をしていきます。 UV展開は3Dモデルがペーパークラフトの平面の状態に戻す作業だと思ってください。

画面の分割

UVの展開方法ですが、画面右上をドラッグするとウィンドウが分割表示されます。 ウィンドウの左下にあるエディタータイプを変更しUV/画像エデイターを選択します。 このウィンドウでUVの展開図が表示されるようになります。

シーム設定

UV展開をする為にシームを設定します、体が半分になるようにシームを設定しUVを展開してみます。 足などの末端の展開図が一か所に集まってしまい、形が分からなくなってしまいました。 このままではテクスチャを付ける時に塗れないので塗りやすくするためにシームを増やし再度展開します。 シームを付ける箇所を増やしてUV展開したところ先ほどの状態よりも分かりやすくなりました。 オブジェクトを編集していた時と同じような操作で2Dの操作もできます。 画像を新規作成か開くから読み込むことでUV展開したオブジェクトに画像を付けることが出来ます。

ベイク

新規作成をした後にベイクを押すことで作成した画像にライトからの影を含めた情報を出力してくれます。 外部ソフトでテクスチャの色を塗るのでUVの展開した図があると楽ですので 2dエディタ側でUVからUV配置の出力を選択することでどの方向に何があるのかわかりやすくなります。 ここまで出来ればあとはどれだけ凝るかになってくるので、頑張って挑戦してみましょう。

料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事