IlluastratorCCで文字間調整してるとバグる

あけましておめでとうございます。新年一発目はイラレのトラブルシュート記事でございます。年明け、名駅南界隈のWebのお仕事の手伝いをする為、まずは取り組み紹介ということでチラシを配ろうと思いチラシを作成中のところ、前から気になってた仕様かバグか良くわからないことへの答えが出たので、対策方法を記載しようと思います。

イラレの文字間バグの出現ケース

Windows10でAdobeCCのIllustrator(イラレ)を利用中
  1. 文字を選択
  2. 文字のパレットを開く
  3. カーニングの設定をオプティカルに設定
すると、エラーウィンドが表示されて、OKが推せぬままプロセス終了を余儀なくされます。 ※赤枠のプルダウンを調整しているとウィンドウが出て警告されます。 で、いつもならここで、アッーー!とプロセスを終了するのですが、今日は対策を調べましたところ。コミュニティのスレッドで議論を発見しました。ESC押すと警告ウィンドウが消えました。ESC押下で警告ウィンドウのOKボタンがアクティブになると書いてありました。自分はESCのみでウィンドウごと消えました。

おわりに

この件に関しては、自分もアプリ開発者であるので、いろいろ思うとこはあるのですが、そういう事もあるよねー。というところで納めておきたいと思います。今年初出勤からちょっともやもやするテクノブレイブ名古屋オフィス開発1Gメンバーなのでした。

参考

CC2018で、旧バージョンで作成した書類の文字トラッキングを変えようとすると
イラストレータのバグ(永久ループ)
料金表ナビゲーション 料金表ナビゲーション

おすすめ記事